新・篠村商店な日々

管理人1が綴る、篠村商店な日々です。 廃棄物問題、環境問題、会社で起こった事など書き綴っております。

廃棄プラスチックのいま

中国が廃棄プラスチックの輸入を2017年後半から禁止し、半年以上が過ぎました。
身近なところでも、今まで売却できていたプラスチックが産廃となってしまっていると思います。
中国は世界中から廃棄プラスチックを買取しておりましたので、禁止措置で世界的に廃棄プラスチックが溢れています。

China Just Handed the World a 111-Million-Ton Trash Problem - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-06-20/china-just-handed-the-world-a-111-million-ton-trash-problem


中国は1992年から、廃棄プラを国内で利用するため1億600万tにのぼる量を輸入しておりました。
しかし、全てのプラスチックが100%リサイクルされるわけではありません、一部のプラスチックは再生できずゴミとなります。
そしてその量も膨大であると推測されていました。
中国はこの問題に対し、ゴミとなる可能性があるプラスチックの輸入を2017年後半から禁止しました。
すると、それまでプラスチックのリサイクルを中国に頼り切っていた国では独自に廃棄プラスチックの処分を考えなければいけなくなりました。

アメリカの研究チームによると世界中で発生する廃棄プラスチックは、8割が埋立、1割が焼却。
残りの内、数百万tが海へと流れ出て、僅かな量がリサイクルされるのだそうです。
そのリサイクルされるプラスチックの半分以上を中国が引き受けていたのだそうです。

さて、中国に拒否されたプラスチックたち、現在でも世界中で問題となっています。
オーストラリアではリサイクルなど言ってられないと埋立行きです。
イギリスでは保管後、焼却行きだとか。
日本でも同じようなものです。
有価物では無くなったプラスチックは、焼却やRPF化となりました。
処分場はプラスチック系のごみが急に増えることとなったわけです。
長い目で見るまでもなく、いずれプラスチックごみがだぶつき問題となるでしょう。

一部の国や企業ではこの問題に対して、
・使い捨てプラスチックの使用を減らすor止める。
・自ら再生利用する方法を考える。
といった動きが生まれています。
EUでは使い捨てプラスチックの使用禁止、先日台湾でも来年7月から使い捨てストローの提供を禁止することが決まりました。
日本でも使い捨てプラスチック製品が消える日も近いのかもしれません。

便利なプラスチックですが、こうなってくると問題山積です。
何事もほどほどなんですね。

カラス

雨が降ると肌寒いのですが、陽が出ると一気に気温が上がります。
お陰で体が怠いのか、そうゆう年ごろなのか…。

弊社、田舎にあります。
田舎の定義も色々あるのでしょうが、個人的には視界の中の自然と人工物の割合が、5:5になってきたころから田舎なんじゃないかと勝手に判断しています。
その定義も基づくと、ここら辺はまったくの田舎となります。

自然豊かな田舎、いろんな生き物が沢山います。
例えば蜂。
蜂は野山にだけ居るわけではありません、工場内だろうがどこだろうが住み心地が良ければ巣を作ります。
それが小さい蜂だろうが、大きなスズメバチだろうが、蜂のほうは住居となる場所の地域性を重視します。
人間が居る居ないなどは考慮しないようです。
工場内の屋外保管エリアなど、蜂にとって絶好の場所らしくしばし巨大な蜂の巣など目にします。
そうなると人VS蜂の争いが始まります。
最後は大抵、壊された住居が転がっていることになりますが。

蜂だけではありません、自然は絶えず生存競争の中にあります。
チュンチュン煩いスズメも、厳しい自然の中で生き延びているのです。

人とスズメは大昔より共存しているなんて良く言われます。
お互い、決して馴れ合うことはないのですが、人の居る場所にスズメは巣を作り、子育てすることは珍しくありません。
工場の軒先などにも巣を作ります。
他の鳥は滅多に巣を作ることなどありません。
ましてカラスなど。

工場内、緑化の一環で木を植えている場合があります。
一本、二本ではなく、道路沿いに数十本植えている風景をよく目にします。
年々育った木、手入れをしないと巨木となっていきます。
すると様々な生き物が住み着くようになります。
カラスだって巣を作り、子育てします。

子育ては正に生存競争。
食うか食われるか。
目にするのは食物連鎖の非情な流れ。

ある日、木の上に止まっていたカラス。
静かに一点を見つめていました。
巣には大きくなった子供カラス。
パッと飛び立った親ガラスは、対面の屋根にまっすぐに飛んでいきます。
次の瞬間、小さなスズメがカラスに捕まっておりました。

屋根から落ちてくるスズメの羽。
呆然と見上げる管理人を横目に、支度が出来た親ガラスは、巣へとゆっくり戻っていきました。

自然の厳しさを目の当たりにしたわけですが、偉大さも感じます。
蜂や小さな虫はスズメの餌に、スズメをはじめとする小動物はカラスの口に。

管理人はカラス食べませんけどね。

鉄砲の弾

先週までは暑く、早く梅雨入りしてくれ~と思っていましが、いざ入ると気温が一気に下がるは冷たいはで、早く梅雨明けてくれ~と願わずにいられない管理人です。
梅雨という現象、東アジア広域で見られるもので世界的にはありません。
日本でも北海道は梅雨がありません。
しかし、梅雨も雨季の一種と考えれば、世界的に見られる季節ものの一種と言えます。


ここ最近、今まで経験したことのない廃棄物の処理方法を尋ねられることが増えてきました。
別に管理人、処理困難物のエキスパートでもなんでもありません。
ですので、当初はやんわりとお断りするのですが、なんとなく断り切れずに関わることが。
中にはそうそう体験することが無いだろうというものも。

「うちの会社に鉄砲の弾があるんだけど」

田舎ですと、害獣狩りなどあるため猟銃を持っている方がいらっしゃいます。
ですが、弾は厳密な管理が必要ですから、会社の中から弾が出てくるなんてことあり得ません。
なんかヤバイ会社なのかしらと思って良く調べると、鉄砲の弾では無く建設用びょう打ち銃用のものでした。
危険なのは変わらないですが。

さて困ったのは、鉄砲の弾の類など処分した経験がありません。
でも売っているところがあるのですから、処分できるところだってあるはずです。


一般社団法人 日本火薬銃砲商組合連合会
http://www.nikkaren.jp/


あっけなく見つかりました。
どうやら広域処分の流れで処分してもらえそうです。
認定販売店で処分してもらえそうなので連絡してみると、持ってきてくれたら処分できますよと軽いノリ。

以降は排出者さんに直接やってもらい、後日談を聞く程度。
こちらがビビッていたのが恥ずかしいくらい、あっけなく手続きが完了したそうです。

気が付くと、特殊な事例だったため管理人はタダ働きに。

ま、まあ勉強代と思えば。
次回は無いだろうけど。

新元号

暑くなってきたと思うと涼しかったり、体にこたえる日々が続きます。
加えてそろそろ梅雨入りですから、湿度の高い日々を迎え体調を崩しやすくなります。
気分が滅入りそうな時は、よく食べ良く寝るに限ると管理人は思っていますいつも良く寝てますが。

最近、シール式の切手を使っているのですが便利で助かっています。
種類も豊富で、値段も従来の切手と変わりません。

シール式切手(郵便局)

従来の切手のように、切り離す手間や濡らす手間が無く、台紙から剥がせばすぐに貼り付けることができます。
もう切手全部これにしてくれないかなと思っていましたが、切手を剥がすのが難しくなのでコレクターの方にはあまりうれしくないのかもしれません。
でも便利なものって少し得した気持ちになるので嬉しいものです。

さて、そんなことより困った問題が起きました。
来年、平成という元号が変わることをニュースなんかで漠然と聞いていました。
元号が変わるのは良いのですが、新元号の公表が4月頃と言うことでカレンダー屋さんなどは対応に困ってしまうそうです。
あるものを見るまで、管理人は他人ごとでした。
カレンダーも来年のものは西暦と平成31年表記でも構わないでしょ程度でした。

が、そうもいかないものが。

それはマニフェストです。
日付欄に「平成」とあります。
これ、来年の5月1日以降使えませんよね。
それとも小さく書かれた平成の文字を訂正するのか。
気が付かず使用してしまった場合、虚偽記載になってしまうのか。

何より問題なのが、当社のマニフェスト用紙の在庫がそろそろヤバイということ。
でも今から買ったら、絶対余ること。

現在、西暦表示のマニフェストを探しております。

今後、和暦表示のものは使用しないほうがいいかなと感じる事件でした。


イギリス、ストローが無くなる

最近、白髪がめっきり増えお爺ちゃん街道まっしぐらな管理人です。
年を取ったせいなのか寒さで活動が鈍るようになりました。
暖かくなりやっと体が動くようになります。
暑くなるとショートして動かなくなります。


英国で使い捨てプラスチック「全面禁止」へ、海洋ゴミを撲滅(Forbes)
https://forbesjapan.com/articles/detail/20869

イギリスではいよいよ使い捨てプラスチックの販売が禁止されるそうです。
これによりプラスチック製ストローがイギリスから消えることになります。
施行は早ければ2019年とされています。

環境問題に積極的に取り組んでいるイギリス、これまでもレジ袋に対して課税したり、マイクロビーズの禁止によってプラスチックの削減を成功させてきました。
最近では、ペットボトルに対するデポジット制の導入も発表しています。

イギリスは島国のため、周囲を海に囲まれています。
そのためか、海洋環境の保護を強く訴えています。
プラスチックの使用削減により、海洋汚染を減らすことができるとしています。

さて問題は、マクドナルドなどのファストフード業界です。
プラスチック製の容器やストローが無くなってしまうのは悩ましいことです。
特にストロー。
管理人が遠い昔子供の頃、ガラス製のストローを使っていた記憶があります。
しかしガラスのため破損しやすく、そのうえ口につけるものなので危険。
洗うのも大変だった覚えが。
そこにプラスチック製の使い捨てストローが登場したのは画期的だったのを覚えています。
そのプラスチックストローに代わり、何が登場するのか。

プラスチック文化と言っても良い現代。
身の回りにプラスチックがあふれています。
そしてそのほとんどがリサイクル出来ないゴミです。
過去、消費社会が否定されたこともありました。
しかし、現在でも姿形を変えた消費社会は変わっていないのかもしれません。
その意味では、プラスチックのような使い捨て前提のものを制限するのもひとつの流れなのかもしれません。

10年もすると、「え、昔ってプラスチックのストローなんて使っていたの?」なんて驚かれるようになるのかもしれません。