チュンチュン

今年は冷えが厳しく、雪よりも気温低下による路面凍結のほうが怖いです。
今日は久しぶりに路面に雪も無く、乾いた路面のため安心しております。

昨年だったかと思いますが、管理人の自宅のトイレの窓に雀が一羽住み着いたお話をした気がします。
窓と網戸の隙間が丁度良いらしく、冬の寒い夜は必ず雀が一羽寝ておりました。
その後、冬だけかと思っていたら春も夏も時々帰ってきては寝ておりました。

今年の冬もやはり住み着いている雀ですが、先日、あれ?なんかおかしいなと窓越しに雀を確認してみました。



ちょっと判りにくいでしょうが、二羽おります。
ええ、二羽に増えたんですね。
この二羽が仲良く、寒さが厳しいとぴったりくっついて寝てたりします。
先日は、雀のイビキ?みたいなものも聞いてしまいました。

トイレの窓ですから、ちょっと手を伸ばせば届く距離なのですが、なるべく静かにトイレを済ませるようにして刺激しないようにした結果、あまり管理人の存在が気にならなくなったようです。
窓越しに毎晩、雀が二羽いることを確認し安心しております。

まあ、サッシは糞だらけなんですけどね…。

全国的に雀の減少が言われています。
野生の雀は人間に懐きづらくも、人から離れて自然で生きていくわけでもなし。
思えば、人の生活のまわりになんとなくいるのが雀のように思います。

管理人の家のトイレの窓くらい、そんな雀達に提供してもいいのかなと。

来年は三羽になっているのでしょうか。
スポンサーサイト

2 Comments

管理人 1  

Re: タイトルなし

>scarlet様

改めて言われると、何か恥ずかしく感じてしまいます。
ただ、折角寒さを凌いでいるのと、別に無理に追い出す必要も感じられない点と、何よりもたった窓ガラス一枚で自然の雀と共生しているという現実が面白くも、不思議だったりもします。
今じゃ、姿が見えないと結構寂しくも感じます。

カワセミの寝床、発見したら是非教えてくださいね。

2013/01/25 (Fri) 19:08 | REPLY |   

scarlet  

管理人の優しい対応に嬉しく大きな拍手を送ります。
窓が汚れて大変でしょうが優しく見守って下さい。
カワセミは何処で寝ているのかな。深い常用樹の枝、
橋の橋梁等なんでしょうね。

2013/01/23 (Wed) 17:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment