FC2ブログ

電子マニフェスト普及キャンペーン

新年度です。
新規の話などが出てくる日です。
ということで、朝から出かけていた管理人です。
外はすっかり春めいて暖かい日々となっております。
桜はまだまだですが、春の雰囲気は漂っています。

新年度となると、企業は新しい体制や様々な取り組みを始めたりします。
そんな中、電子マニフェストの普及に苦労している環境省は春のお試しキャンペーンを始めることにしたようです。


電子マニフェスト普及促進キャンペーンについて(お知らせ)(環境省)
http://www.env.go.jp/press/102321.html


春だけかと思ったら、来年の3月31日までです。
期間中、新規加入した団体加入者は使用料が無料になります。
詳しくは

使用料無料キャンペーン(JWNET)
http://www.jwnet.or.jp/jwnet/H28campaign.html

平成28年度には普及率を50%にしたいようですが、現在の電子マニフェストではちと厳しいんじゃないかと。
電子化が良いような言い方をしますが、何もかもが電子化して成功したかと言うとそうでも無いわけで。
マニフェストも一定数以下しか排出しない排出者にとっては、紙ベースの管理のほうが簡単です。
電子化するということは電子を使う環境を整える必要があり、コスト、パワー共にイニシャルとランニングが掛かります。
また、最大の難点は電子マニフェストの運用自体が完全なる民間ではないため、競合する企業やシステムが無く進化に乏しい点です。
管理人、未だUIにすら慣れません。
もうちょっと使いやすくならないのかと。
また料金的にも、紙ベースに比べて格安…でもありません。
そもそも年間排出量が少ない方にとっては、紙ベースのほうが安いです。
電子マニフェストに加入して、年間排出量が少ない排出者は利用料が安くなるというのであれば普及率もちょっとは上がると思いますが。
とまあ、まだまだ敷居が高いのが電子マニフェストです。

使用環境、システムの使用感、利用料、ここら辺が変わってくると、もっと利用者が増えると思いますが。

というか、電子化するだけなら売り切りのソフトウェアでも十分だと個人的には思いますが。

さて、キャンペーンでお得感を感じて加入者がどれくらい増えるのでしょうか。

キャンペーンじゃなくて、年間利用料を下げてくれと個人的に思う管理人なのでした。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment