FC2ブログ

この時期

ゴールデンウィークが終わり、次の祝祭日まで60日以上となりました。
管理人は今年は三連休でした。
全然ゴールデンでも無いわけで、最近、テレビなどで話題となっている大型連休は、どこか遠い世界の話だと思えるようになりました。

さて、年度末、年度初めと慌ただしい日々が落ち着き始めたこの時期、待っているのが産廃関係の報告書作成ラッシュです。
毎年恒例のやつです。
帳簿をデータベース化することに成功してから随分と楽になったこの作業ですが、各自治体の定める様式に記入するのが面倒です。
アンケートがあったり、複雑な様式とかだったりするとやる気が下がります。
環境省は電子マニフェストを普及させたい訳ですから、便利にはしてくれないでしょうきっと。
各自治体で報告書のひな型を定めていますから、報告書の様式はバラバラです。
でも集計は定められた機関で行っています。ここら辺だと川崎の一般財団法人 日本環境衛生センターというところです。
ここで報告書を集計し、結果を各自治体に報告するようです。
にもかかわらず、様式は統一化されません。
きっと集計する日本環境衛生センターの方は大変だろうと思います。

報告書を長年作っていて疑問に感じることが一点あります。

この報告書…書き方これでいいのかな…?

自治体ごとに報告書の書き方等は用意されています。
それだけでは判断できないこともあります。
それでもなんとか報告書を作ってみるも、正解が判らないのでモヤモヤしながらも提出することがあります。
そして、モヤモヤは指摘も無く無事?に受理され、時間の経過と共に記憶から忘れ去れらます。

まあ、毎年こんな感じですね。
集計側も、報告書に記載されている数字が全てですから、それの正確性など計り兼ねるでしょう。
意気込みが大切なんだと勝手に思ってます。

全国の許可を取得している業者さんはすごいな~と毎年思う管理人でした。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment