FC2ブログ

草刈りヤギ

田舎の大変なことのひとつに草刈りがあります。
梅雨が明けると雑草で埋め尽くされます。
冬になれば枯れるのですが、それでも草刈りをしとかないと支障が生じたり、見た目が悪かったりします。
草を刈るだけならばまだ良いのですが、問題は刈った草の処分です。
個人の庭の雑草程度であれば燃えるゴミの日にポイッとできますが、工場などの事業場からの刈り草は自治体によっては受入を拒むこともあります。

一応言っておきますが、刈り草は一般廃棄物です。
行政に聞いても「産廃」にはしてくれません。
だったら自治体の処分場で処分すべきなのですが、自治体の処分場は税金で運営されている施設です。
利益を出して、最新の処理施設という訳にもいかず、古い施設のため受け入れたくても受け入れられない大人の事情があったりします。ここら辺だと原発事故由来の放射性物質が多く、焼却して濃縮された灰の捨て場に今度は窮するため、受入を拒んでいるとの回答でした。
本当かどうか知りませんが。

そんな問題から、刈った草の処分がとても困ってしまうのですが、自然に優しい処分方法を提案している企業があります。


ヤギレンタル(DMM.com)
http://www.dmm.com/rental/iroiro/yagi.html


エコ除草と称し、ヤギを15,000円/月でレンタルしてくれるサービスです。
除草作業を0、CO2発生量の削減、静音、廃棄物発生量の削減と至れり尽くせりなこのサービスの主役は”ヤギ”です。
除草作業が面倒だし、人件費が…という問題もありますが、先に述べた通り、草刈りした後の草の処理に困るくらいでしたら、いっそヤギに食べてもらったほうが良いではないでしょうか。
草刈りした後の草の処理費を見て、「え、こんなに高いの…」となり、敷地に高く積んでおいたら発火したなんて事故もあります。
ヤギならそんな事故も心配ありません。

どうしてヤギなんだ?ウサギや羊でもいいだろ。

と思われるかもしれませんが、ウサギはちっこいので放し飼いにしてるとどっかいきます。
穴掘るので、柵してもくぐってどっかいきます。
そしてネコとかにやられちゃいます。
羊は平な地面が好きですから、そういったところであればヤギよりいいのかもしれません。
しかし、ヤギは高いところが大好きで、傾斜地だろうがお構いなしです。
ヤギは場所を選ばないという点が好まれているようです。
たまたまヤギが有名なだけで、羊をレンタルしているサービスもあります。

このヤギや羊といった除草動物のレンタルサービス、全国に拡大しつつあります。
弊社は土地の一部を山林にしようと目論んでいますので、それを食べられてしまうと困るので利用する予定はありませんし、それどころか駐車場や敷地内にカモシカが出現するので、襲われてしまう危険もあります。
近隣の工場さんなんかは良いのではないかと思っております。

ただ、動物って思い通りには動いてくれないんですよね。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment