分別自動化

最近話題で多いのが若手の人手不足です。
行く先々で問題視されています。
今すぐ大きな問題にはなりませんが、5年後、10年後と時間が経つにつれ後継がいないという事態になります。
働くスタイルが多様化した現在ですが、担い手が無い未来ではこのスタイルは良かったのか問題になるでしょう。

そんな問題を解決してくれそうな手段の一つに「自動化」があります。
自動化と言うとかっこいいですが、ロボットや機械が人間の代わりに作業を行うということです。
システムさえ構築してしまえばそれを保守、管理していくことで作業を行うことが可能です。
年をとる人間とは違うため、まったく別のアプローチで事業を行えます。
職人技やノウハウなどがデジタル化されれば、熟練という工程を経ずして一流の作業を行えるわけですから、人と比較した場合、大きなメリットが多く存在します。

一本の動画を見ていただきのですが、


Recycle AI

ロボットが自動でゴミを分別してくれます。
しかも見た目はシンプルな装置です。
判断はAIが行っています。
AIはクラウドデータを元にゴミの種類を判別します。
結果はデータとして蓄積します。
すると蓄積したデータを元に、更に精度が高い分別ができるようになるのだそうです。
経験から学ぶ人間と同じですが、人間には寿命があるため永遠に進化可能なAIには太刀打ちできそうにもありません。
このような動画を見ていると、近々、人手不足ではなく、機械に職を奪われる時代になることが確信できます。

このリサイクルロボ、当社では今すぐ欲しいです。
くれないかな・・・。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment