FC2ブログ

未来のリサイクルのかたち

製造現場では「自動化」という言葉が多く使われている昨今。
文字通り、人がいない機械などが自動で製造するラインなどを言うのですが、ロボットが登場しいよいよ自動化も一般的になるのかと思いきや、データ化したり、オンラインしたりメンテしたりと、現場に固定作業者がいないだけで、間接的には人が必要というのが自動化の正体だったりします。(すべてではありませんが)
ところが最近、「AI」という単語と共に省人、無人がぐっと近づいてきております。
機械だけではうまくいかなかったことも、膨大なデータベースの構築、その取扱いもAIによって可能性が広がっています。
同時に、人が不要になる世界も近づいているのかなと感じてしまいます。

iPhoneでおなじみのAppleですが、使用済のiPhoneを自動で分解してリサイクルするロボット「Liam」を活用しているそうです。
そして得た資源を再生し、新たな製品の材料にするべく動いています。


Appleは最終的には製品を再生資源だけで作り上げることを目指す(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20170420-apple-environmental-responsibility-report/


資源は永遠に得られるものではありません。
長い目で見れば、手に入りにくくなるものであり若しくは、手に入らない可能性があります。
希少金属を含め資源から原料を作り、製品にするわけですが、その原料が安定的に供給されるとなれば製造者はあらゆる意味で他社より優位に立てると考えられます。
Appleは自社製品の原料を、自社で製造、販売し、使用済となった製品をターゲットすることで、原料の安定供給を考えたのかもしれません。

管理人が驚いたのは自動で分解してリサイクルするロボット「Liam」です。
一言で言えば、「金掛かってるな~」です。
開発、ラインの構築等のイニシャルにも当然掛かっているでしょうが、運用自体にもお金掛かってそうですね。
専用機っぽい感じがしますので、他のスマートフォンなどには使用できないのでしょう。
これだけを事業とした場合、収益をあげるのは難しいかもしれませんが、製造者自らが取り組む事業としてはありなのかもしれません、長い目で見れば。
技術等が革新し、安価な材料で製造できるようになると成り立たなくなるでしょうが。

環境に優しいとしながら、企業競争力という意味でも考えられたリサイクル。
既存のリサイクルに+αが必要になるというひとつの事例なのかもしれません。

とりあえずLiam一台くれないかしら。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment