FC2ブログ

汚泥の処理

梅雨…と言うには雨が少なく、夏…というには涼しい日々が続いております。
湿度もあるようなないような。
なんとなく中途半端なこの頃です。

先日、汚泥の処分方法をお客さんに質問されました。
しかしながら、当社では一部の汚泥の運搬許可はあるものの処分はできません。
そのため、汚泥関係の業務に携わることはほとんどありません。
汚泥の処分を行っている処理場ともお付き合いがありますので、多少の知識がある程度です。
ですので、一番多い処分方法は脱水後埋め立てなのかなと漠然と思っておりました。

汚泥の処理方法の選定は、発生する汚泥の性質によるところが大きいと思われます。
脱水や油水分離、焼却による減容、微生物を利用した堆肥化やメタンガス化。
溶融や造粒固化による骨材化、セメントの原料化、そして埋め立てと豊富な方法で処分されます。

先に述べた通り、汚泥自体の性質によるとこが大きく関係するため、好きな処分方法を選ぶというよりも発生汚泥に最適な処分方法を選定するという流れになるようです。

汚泥を大きく分けると、無機性と有機性に分けることが出来ます。
有機性の定義と言われると難しいのですが、元来は有機体起源を有する化合物のことで、生命力によって作られるとされていた
炭素を含む化合物の総称です。
高校の化学で、有機化学、無機化学という分け方としていたのを思い出します。
その時、有機は腐敗するもので無機は腐敗しない(性状変化しない)ものと覚えました。
ですので、有機性であれば性状変化や腐敗ガス(メタンガス)の発生が有り、無機性であれば比較的性状の変化が望めないものであると判ります。
例えばセメントの原料にすべく考えた場合、有機性の汚泥では臭いや品質に問題があると考えられます。
逆に、有機性の汚泥では微生物は活動しませんので、堆肥化することはありません。

ということで、無機性、有機性の汚泥にあった処理方法があるので、まずは発生した汚泥がどちらなのかを見極めることが大事だと判ります。

それ以外にも、汚泥の組成やら必要な情報がたくさんあるそうです。
それらを勘案して処理方法を決めるのだとか。
そこは実際に汚泥処理を行っている処分場に聞かないと…ということになります。

泥状なら似たような処分と思ってしまいますが、単純埋立する訳ではない以上、適正な処分方法が求められます。
また、汚泥は中間処分の効果が非常に高いのも特徴のひとつです。
汚泥が発生する事業場では、処分場に引き渡す前に簡単な脱水をするだけでも効果が得やすいため、その工場、工場で独特の設備を有しているところが多く、それらを見るのもまた楽しみのひとつだったりします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment