FC2ブログ

古紙とコピー用紙

9月も終わりです。
最近、めっきり冷えて参りました。
もう長袖姿になっている管理人です。

9月は棚卸時期の企業さんも多く、今現在も奮闘中の方がいらっしゃることと思います。
管理人は棚卸ではありませんが居残りです。
昔に比べると棚卸し廃棄なるものはめっきりと無くなりましたが、書類関係は増大しました。
見積に契約、依頼書に計量票、マニフェストに受領書、精算書と一つの物件に何枚の紙が必要なのか予測できません。
パソコンの登場と共に紙レスになるのかと思いきや、便利になったもんだから必要無いものまで印刷する始末。
結局最後は紙化するわけですが、手書きの頃は間違えると書き直しになるものだから緊張して作成したものですが、最近は「あ、間違ってた印刷し直ししなくちゃ。」と軽い気持ちがあるため、却って紙を消費しているような気がします。

製造業のお客さんから良く言われるのが「発生源対策」です。
廃棄物の減量や有価物化が事後対策とするならば、発生源対策は事前対策となります。
文字通り、廃棄物が発生する原因をつきつめ発生そのものを減らす対策を言うわけですが、この考え方が理にかなっていると言うか、的得ており効果的であると管理人は感じております。
先に書いたコピー用紙浪費対策ですが、多くの企業では裏紙を使用したりリサイクルに回したりする程度の対策です。
確かに廃棄物の量は減るのかもしれませんが、そこに無駄な経費が掛かっているわけです。
しかし、浪費する原因を突き止めコピー用紙そのものの無駄を減らす努力をしている企業は、業務もシステム的で余分がありません。
勿論、働いている方はその履行のため大変な思いをしているのかもしれません。
しかし、単に廃棄物の抑制に留まらず環境的取り組みでもあり、余分な経費の抑制効果もありと2重、3重の意味が出てきます。

多くの取り組みは効果が限定的で単一的です。
そのため、いつしか廃れてしまいます。
広がりがあり、他に影響を及ぼすような取り組みは変化しながら長く続くものです。

ヤード内に溜まった古紙を眺めてそんなことを思う今日この頃です。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment