FC2ブログ

自宅のごみ

大分寒くなって参りました。
秋から冬のこの季節、枯れ葉積もる時期です。
それと同時に、家の物置を整理される方も多いようで、家庭のごみの処分方法を聞かれることが増えて参ります。
当社では一般廃棄物の処理は許可を得ていないためできないのですが、市の処分場の使い方や場所といった程度はお教えできるのですが、相談で多いのが”家の中から出せない”という内容です。


急増する「ごみ出し困難世帯」 5万世帯が支援受ける(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK9G41Z3K9GPTIL00Y.html


高齢化が全国で言われている日本ですが、なるほど言われてみればゴミ出しだって困難だったりします。
リンク先の記事を読むと、ご本人がゴミ出しが困難なため自治体の支援を受けているのだとか。
ヘルパーさんを利用しようにも、ゴミ出しの時間が早朝のため対応できないのが多いのだとか。
健康な人にとってはただのゴミ出し程度なのですが、高齢になったり、障害を抱えていると日時を指定されたゴミ出しはとても大変なものだったりします。
都会ではゴミの捨て場が近所の場合が多いのでしょうが、田舎の場合、捨て場が自宅から離れていることのほうが多かったりします。
加えて、ゴミの分別の複雑さも問題だったり、粗大ごみは自ら処分場に運んでくださいとか、高齢者に厳しい仕組みであることは間違いありません。

こうした問題、今後はもっと膨らむことでしょう。
管理人だっていずれ年を取り、歩くのがきつくなる日が来るでしょう。
複雑な分別についていけなくなったり、大きいものや重いものが持ち上げられなくなるでしょう。
車の運転だって危なくなります。

ゴミ出しが困難になるのは誰にでもやってくる問題なのかもしれません。

だとするならば、今からでも対策を考えていかないといけないと思います。
自治体が支援してくれているうちは良いかもしれませんが、人手不足や予算不足で支援できなくなるかもしれません。
かといって民間業者に頼めばお金が掛かります。
例え1回が安価であっても、日々のこととなれば決して安くありません。
それらを考えると、ごみの分別の簡略化やゴミ出し時間の見直し、回収方法も検討しないといけないのかもしれません。
全国的に問題になっているのですから、現状のまま放置して良い問題ではないということです。

日常のちょっとしたこと、当事者になってみないと判らないことが沢山あります。
その日を憂うことなく迎えられれば良いなと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment