FC2ブログ

相場の波と安定感

正月が遠い昔のように感じます…。
先週から仕事初めというお客さんも多く、挨拶回りが多い一週間でした。
今週に入り、通常業務が徐々に…と思っていましたが様々な事が重なり忙しい日々となっています。
このところ雪も少なく、比較的暖かいため道路に雪が無い状況が続いています。
このままいってくれれば良いのですが、そうはいかないでしょうね。

年明けから、金属スクラップ相場について尋ねられる機会が多いのですが、管理人個人の漠然とした予想はありますが、予想は予想でどうなるか判りません。
現在、鉄スクラップ市況が好調ですが、このまま好調が続くとは言えない程度は予想できます。
昨年発表された、中国のスクラップ買い渋り通知からも、雑品と呼ばれるスクラップや銅くずの値下がりからもスクラップ市場が決して好調であるとは言い難いことが判ります。
どのタイミングになるか判りませんが鉄スクラップの値下がりの可能性は大いにあると思います。

まあ、相場あるものは上がり下がりは必ずありますので、究極言ってしまえば上がれば下がるし、下がれば上がるってなもんです。
製造メーカーさんのご担当者からも質問ありますが、とは言え相場が高いから材料買い渋るとか出来ない業種がほとんどな訳で、相場変動を気にしたところで、覚悟はできるけどそれ以外はどうにもならないとも言えます。

昨日、テレビの特集を見ていたのですが、お店で売られている食べ物が小さいく(少なく)なっているそうです。
コンビニでポテトチップを良く見ると、内容量が昔に比べるとずいぶんと少なくなった気がします。
それ以外でも、様々なものが小さくなっています。
管理人は食べ物を買う際、”重さ”を重要視しています。
もう1g当たりの単価を算出して、お得だなと思えるものを選びます。

味はまあ…ハズれることもありますが。

ここ数年、食べ物関連の価格上昇が目立っている気がします。
魚や野菜は右肩上がりのように感じております。
スクラップのような上下感があまり無いように思えるのですが、どうなのでしょう。
そう考えると、こまめな相場の浮き沈みがあったほうが長期的に見ると安定感が感じられるということなのでしょうか。

直線よりも、振幅ある線のほうが安定だなんて考えると、なんだか不思議な気持ちになります。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment