FC2ブログ

プラプラプロジェクト

今年は雪が多く苦労します。
加え、寒さも厳しく春が待ち遠しい日々です。
今日は天気も良く雪がすっかり融けたのですが、日陰は融けた雪が再凍結してツルツルの危険な状態になっています。
雪がないや~と調子にのっているとヒヤッとすることになります。

タイトルの謎のプロジェクトですが、環境省のものです。

BRING PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト (環境省)
http://plaplus-project.jp/index.html


環境省は2月9日から、生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促すため、店頭回収によるリサイクルの実証事業「BRING PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」を実施しています。
容リ法対象外である多くのプラスチックゴミが、多くの自治体で分別収集・リサイクルが行われず、焼却・埋め立てによる処理が行われていることから、生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促すことを目的としたプロジェクトとなります。
ゴミをなったプラスチック製品を店舗などで回収、それらをマテリアル、ケミカルリサイクルするのだそうです。
回収期間が決めっているので、永続的なプロジェクトではないようですが…。

さて、携帯電話やプリンターのインクのように店頭で集めないと集まらない性質のものなのでしょうか。
店頭で集めなくとも、自治体の一般廃棄物処理施設に行けばいくらでもあると思いますが。
多くの自治体で分別、リサイクルがされていないとHP上に記載されており、まるで自治体側が何もしていないように聞こえます。
自治体側でも様々な取り組みを行ってきましたが、限られた予算の中で最善の方法を模索した結果、今日現在に落ち着いていると思います。
マテリアルやケミカルリサイクルと聞こえは良いですが、実際行うとすると多大なイニシャルとランニングコストを要します。
当社でも一部のプラスチックに限りマテリアルリサイクルのルートを取り扱ってはいますが、プラスチックリサイクルの大部分は海外、中でも中国に依存しています。
その中国で昨年下旬からプラスチックの大部分の輸入を取りやめました。
そのため、現在ではプラスチックリサイクル市場は消極的となっております。

プラスチック…と言うと単一のものに思えますが、実際は多くの種類を有します。
ABS、PS、PP、PE、PET、PVC・・・と成分により性質も大きく変わります。
リサイクルする際に問題になるのが、複数種が混合しているか否です。
種類によって融点が異なることや、結合時に相性が悪いものもあるため種類毎の分別は大変大事なものとなります。
しかし、身の回りのプラスチック製品は様々な種類のプラスチックが使用されており、これを一品ごとに分別することは至難の業です。
勿論、分別する機械設備もありますがお高いことと万能ではありません。
仮に分別したとしても、100%リサイクルできるわけでもありません。

ものによっては価値が無く、不要なプラスチックも沢山あるためです。

今回のプラプラプロジェクトでは、実験的な事業であると思われます。
そのため期間を定め、回収場所を定め、回収する品物を定めています。
期間と場所を定めることで物量をコントロールし、品を定めることで、ある程度プラスチックの種類を限定することができます。
問題はこの先、どこで、どうやってリサイクルするのか、採算はどうなっているのか。
もちろん税金を投入した実験なのですから、きちんと公表してもらいたいものです。

管理人個人的にはこんなHPまで作ってアピールしなくとも、数か所の自治体に補助金などを交付する代わりに協力を要請すれば同様以上の結果を得られると思うのですが。

プラスチックリサイクル・・・今更感のするプロジェクトです。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment