FC2ブログ

イギリス、ストローが無くなる

最近、白髪がめっきり増えお爺ちゃん街道まっしぐらな管理人です。
年を取ったせいなのか寒さで活動が鈍るようになりました。
暖かくなりやっと体が動くようになります。
暑くなるとショートして動かなくなります。


英国で使い捨てプラスチック「全面禁止」へ、海洋ゴミを撲滅(Forbes)
https://forbesjapan.com/articles/detail/20869

イギリスではいよいよ使い捨てプラスチックの販売が禁止されるそうです。
これによりプラスチック製ストローがイギリスから消えることになります。
施行は早ければ2019年とされています。

環境問題に積極的に取り組んでいるイギリス、これまでもレジ袋に対して課税したり、マイクロビーズの禁止によってプラスチックの削減を成功させてきました。
最近では、ペットボトルに対するデポジット制の導入も発表しています。

イギリスは島国のため、周囲を海に囲まれています。
そのためか、海洋環境の保護を強く訴えています。
プラスチックの使用削減により、海洋汚染を減らすことができるとしています。

さて問題は、マクドナルドなどのファストフード業界です。
プラスチック製の容器やストローが無くなってしまうのは悩ましいことです。
特にストロー。
管理人が遠い昔子供の頃、ガラス製のストローを使っていた記憶があります。
しかしガラスのため破損しやすく、そのうえ口につけるものなので危険。
洗うのも大変だった覚えが。
そこにプラスチック製の使い捨てストローが登場したのは画期的だったのを覚えています。
そのプラスチックストローに代わり、何が登場するのか。

プラスチック文化と言っても良い現代。
身の回りにプラスチックがあふれています。
そしてそのほとんどがリサイクル出来ないゴミです。
過去、消費社会が否定されたこともありました。
しかし、現在でも姿形を変えた消費社会は変わっていないのかもしれません。
その意味では、プラスチックのような使い捨て前提のものを制限するのもひとつの流れなのかもしれません。

10年もすると、「え、昔ってプラスチックのストローなんて使っていたの?」なんて驚かれるようになるのかもしれません。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment