FC2ブログ

鉄砲の弾

先週までは暑く、早く梅雨入りしてくれ~と思っていましが、いざ入ると気温が一気に下がるは冷たいはで、早く梅雨明けてくれ~と願わずにいられない管理人です。
梅雨という現象、東アジア広域で見られるもので世界的にはありません。
日本でも北海道は梅雨がありません。
しかし、梅雨も雨季の一種と考えれば、世界的に見られる季節ものの一種と言えます。


ここ最近、今まで経験したことのない廃棄物の処理方法を尋ねられることが増えてきました。
別に管理人、処理困難物のエキスパートでもなんでもありません。
ですので、当初はやんわりとお断りするのですが、なんとなく断り切れずに関わることが。
中にはそうそう体験することが無いだろうというものも。

「うちの会社に鉄砲の弾があるんだけど」

田舎ですと、害獣狩りなどあるため猟銃を持っている方がいらっしゃいます。
ですが、弾は厳密な管理が必要ですから、会社の中から弾が出てくるなんてことあり得ません。
なんかヤバイ会社なのかしらと思って良く調べると、鉄砲の弾では無く建設用びょう打ち銃用のものでした。
危険なのは変わらないですが。

さて困ったのは、鉄砲の弾の類など処分した経験がありません。
でも売っているところがあるのですから、処分できるところだってあるはずです。


一般社団法人 日本火薬銃砲商組合連合会
http://www.nikkaren.jp/


あっけなく見つかりました。
どうやら広域処分の流れで処分してもらえそうです。
認定販売店で処分してもらえそうなので連絡してみると、持ってきてくれたら処分できますよと軽いノリ。

以降は排出者さんに直接やってもらい、後日談を聞く程度。
こちらがビビッていたのが恥ずかしいくらい、あっけなく手続きが完了したそうです。

気が付くと、特殊な事例だったため管理人はタダ働きに。

ま、まあ勉強代と思えば。
次回は無いだろうけど。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment