FC2ブログ

太陽光発電、買取額半値

秋ですかね。
秋のような気がします。
今年ももう後半戦になってしまいました。
何事も始まりがあれば終わりがあるものです。
自然エネルギーの代表格だった太陽光にも・・・


太陽光買い取り、半額以下に…国民負担を軽減(YOMIURI ONLINE)


一次はメガソーラーだなんだと激熱だった太陽光発電事業、最近は電力会社側が買取休止など雲行きが怪しくなってきた事業ですが、とうとう買取額が半額以下になることとなりました。
とは言っても、現存のものではなくこれからのもののようですが。

太陽光買取制度が始まってから、田舎の景色が大きく変わりました。
山は削られ、木々は倒され、そこに現れるはソーラーパネル。
こんなとこまで!と言った場所まで現れ、自然に優しいどこから自然破壊の権化みたいなことになっています。
更にこれから訪れるソーラーパネルの廃棄問題、正直、弊社程度では受入を拒まざる得ないものです。
そんなものが年間数十万トンも発生した場合、一体どうなってしまうのか。
それでもソーラーは環境に優しいのか。
今年は強力な台風も多く、ソーラーパネルの新たな問題が露見しました。
台風でパネルが飛ばされたり、損傷する事例が発生したそうなのですが、太陽光パネルは部分的に損壊しても太陽光を受ければ発電が続くため、触ると感電する恐れがあるのだとか。

悪いことばかりでは無いものの、現況の自然エネルギー買取制度は設置者が利益を得た分、消費者が支払うだけのシステムになり下がったのが問題なんだと思います。
資金があれば山を削ってソーラー設置すれば儲けられるですから、そりゃやりますよね。
税金対策に持ってこいですから。
今回の買値半額も、自然環境が~というよりも租税回避対策のようにも見えますが。

さてこれである程度ソーラーパネルが増殖することは抑制されることでしょう。
しかし、太陽光発電事業の終わりが見えたことも意味します。
利益が得られる事業は継続されるでしょうが、利益が得られないとして事業を終了させる際、当然、パネルの撤去が必要になります。
その費用、設置ほどではないにしろ結構な額です。
そして後に残った広大な野原はどうするのでしょうか。
ドイツなどでは設置前の状態に戻すのが義務でした。
日本はどうなるのでしょうか。
自然に木々が生えるまで放置なのでしょうか。

太陽光の買値半額よりも深刻な問題がありそうです。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment